<< 野外学習「高水三山」 | main | 野外学習 横須賀 >>

野外学習「足尾」

 アイプラザの野外学習、6月29日には「足尾」に行きました。足尾銅山鉱毒事件で有名な足尾で、現在は栃木県日光市です。

 やや遠い地域のため、東武特急りょうもう号を使って桐生市の相老駅まで、そして「わたらせ溪谷鉄道」で足尾駅まで行きました。 

 今回は、遠くて参加者が少ないかと心配しましたが、生徒21人が申し込んで出かけました。
 

 現地では、地元在住の山田さんに案内していただきました。

 上の写真は足尾銅山を経営していた会社の建物の説明をしているところです。当時の足尾は、急に栄えてきたが、お客が泊まる宿もなければ、学校も少なかったため、銅山の会社が作って街を発展させたとのことです。
 
 この滝の近くで、お弁当を食べました。途中で小雨が降ってきて、駅舎に移動して食べることに。強い雨にはならなかったのは、幸いでしたが。

 続いて「足尾銅山観光」に。銅山のトンネルのを使ったような施設で、機械の実物展示や働く人の人形を使って、分かりやすく知ることができます。
 

 上の写真は、銅山で働く人の様子を見る生徒です。言葉で説明するより、実物模型を見るほうが、よく伝わります。

 帰りは、トロッコ列車「ワッシー」に乗りました。窓のないトロッコ車両は、生徒たちにとっては珍しかったようで、風を感じながら外の景色を眺めていました。
 
 

 

 往きと帰りの列車の中では、「勉強」も行いました。せっかく足尾銅山に行くのですから、知識の確認をしました。渡良瀬川は何という川に流れていく?栃木県の県庁所在地は?足尾銅山鉱毒事件を解決しようとした国会議員は?・・・・歴史をすでに勉強した6年生は解きやすかったと思います。
 この他、帰りの特急で暇そうな生徒には、算数のパズルを配布。かなり熱中して解いていました。

 野外学習は、生徒の色々な側面が見られます。

「小さい子の世話を積極的にする」

「算数の応用問題は解けるが、買い物の代金計算が不安」

「普段話したことのない生徒とでも気軽にしゃべる」

「授業では集中しなくて注意されることがあっても、ホンモノを見せれば集中できる」などなど

今後の指導に役立てたいと思います。

at 10:47, i-plaza, イベント

-, -, - -